緊急事態宣言が延長となった首都圏の皆さんいかがお過ごしでしょうか?

長い自粛生活で新たなライフスタイルが出来上がったでしょうか?

宣言解除後にリピーターの方が再度来院されるのかが気になる 今日この頃です^^;

さて今回はタイトルの膝痛、股関節痛などについて話していきたいと 思います。

緊急事態宣言が発出されて2か月以上経ちましたが皆さんはどの程度 自粛されていますでしょうか?

私たちの立場から気になることは自粛中にどの程度身体を動かして いるのかということです。

ロコモティブシンドロームという言葉を聞いたことがありますで しょうか?

運動器の障害のために移動機能の低下をきたした状態をいいます。

つまり今回の長い自粛により、歩行が減り筋力がいつの間にか著しく 低下してしまい

歩行や階段昇降などがしにくくなってしまうことを 危惧しています。

若い方は特に心配することはないかと思いますが、個人差はあるものの 40代以降は筋肉に

負荷を掛けていないと筋力が低下していきます。

自粛期間中は家庭内でもスクワットなどの簡単な筋トレや階段があれば 1日に何往復もするなどして

筋力を保っていただきたいと思います。

お尻から足にかけての筋力低下により関節への負担が大きくなり、 膝痛、股関節痛、足関節痛を

発症することがあります。

筋力保持も大切ですが、体重も増やさないようにあわせて注意が必要です。

外に出て思い切り身体を動かせる日が待ち遠しいですね。